顎 ニキビ 治らない

顎ニキビが治らない理由を確認

顎のニキビが治らない!と、お悩みの方はいませんか?
顎にできるニキビはとても痛く、見た目も悪いため気分も沈みますね。

 

そんな顎ニキビの原因をご存知でしょうか。
顎ニキビの原因と正しいお手入れで、少しでもニキビを改善できるといいですね。

 

顎ニキビの原因は大きく分けて3つあります。

 

1・過剰な皮脂が原因
ニキビと言えばやはり皮脂ですね。顎にできるニキビも例外ではありません。
皮脂の過剰な分泌が毛穴を詰まらせるため、ニキビができます。
そして顎は汗をかく汗腺がとても少なく、皮脂腺が多いつくりになっています。
そこで皮脂が過剰に分泌されることで、ニキビができやすいと言うことです。

 

2・乾燥することによりニキビができる
ニキビの原因で乾燥はあまり思い浮かばないと思いますが、
乾燥は顎ニキビができる原因の一つです。

 

乾燥することにより毛穴が柔軟性を失います。
すると分泌された皮脂が毛穴で詰まり、ニキビができてしまうのです。
日頃のスキンケアで十分保湿することが大切です。

 

3・加齢に伴うホルモンバランスの乱れ
顎ニキビは大人ニキビとも言われ、年齢を重ねるにつれホルモンバランスが乱れ、
それが原因でニキビができてしまうのです。

 

生理周期や睡眠不足などをはじめとし、ストレスや過労などが原因で
ホルモンのバランスが崩れやすくなります。
ホルモンバランスが崩れることにより、皮脂腺の多い顎周辺にニキビが多くできてきます。

 

このように、顎ニキビの原因は様々です。
適度な保湿とストレス解消、どれも日頃のお手入れが大切と言うことですね。

顎ニキビを悪化させる行動とは

顎ニキビが出来て、最もイヤなのは、すぐに化膿してしまうことです。
とても悪化スピードが早い顎ニキビは、何度も繰り返し出来ますし、フェイスラインにいたっては、
治っては出来ての繰り返しになってしまいます。
何故そこまで顎ニキビが治らないと言われ、出来やすく、治りにくいのでしょうか?
実はなんとなくやっているその行為こそが、治りにくくしているのです。

 

 

顎の皮膚は他の場所と異なり、厚いですよね。
また硬くも出来ていますから、毛穴も深く、真皮に近いところまでニキビが発達してしまう可能性があるのです。
また、無意識に手で触れたり、頬杖をつくとどうしても顎に手が行きます。
手には雑菌がたくさんおりますから、どうしてもニキビに悪影響、となってしまうのです。

 

顎ニキビの主な原因は乾燥と言われています。
また消化器官が弱っているサインでもあると言われていますから、
暴飲暴食や下痢などお腹を壊しているとSOSとして顎にニキビが出来るのです。

 

 

顎ニキビは出来ていると痛いものです。ですから早く治したいという人も多いでしょう。
フェイシャルラインにずらりと並んだニキビも見栄えがよくありませんし、女性としてはすぐにでも治したいはずです。
その場合、高濃度のビタミンCが入っている化粧師を使うようにします。
浸透力の高いものがベストです。

 

最近では様々な種類のニキビケアコスメが販売されていますが、通販でも良いものがあります。
しかし実物をチェックして購入できませんから、レビューなどを参考にしましょう。

 

その中でも保湿にこだわったものであったり、ビタミンC誘導体の濃度にこだわったものなど、色々なタイプがあります。
ヒアルロン酸やグリセリン、トレハロースなど保湿成分がたっぷり入ったもので、
ビタミンC誘導体の入ったニキビケア化粧品を使い続けることで治すことが出来ます。

 

顎のような硬い皮膚でもしっかり浸透して、真皮まで到達してくれ、
内部から炎症を抑えてくれる成分入りのスキンケアアイテムが理想的です。
マスクなどで恥ずかしいから、とニキビを隠す女性も多いのですが、実はそれは間違っており、
顎以外にも、様々な場所にニキビを作る要因となっています。
しっかり洗顔からスキンケアを行い、保湿を充分して(オイリー肌でも)、ぐっすり睡眠をとる必要があります。
最低でも7時間程度の睡眠は欲しいので、いくら忙しくても睡眠時間の確保だけはしておきましょう。
同時にライフスタイルそのものを見直す習慣をつけましょう。

 

食事のバランスも大切ですから、食事の内容によっては顎ニキビを悪化させることになります。
触れない、洗いすぎない、スキンケアを見直す、ということを顎ニキビ対策として行いましょう。